ナチュラルビューティーとオーガニックについて

✔︎ナチュラルとは…自然であるさま。また、天然の。

✔︎ナチュラルビューティー…自然美。真心の美。無理せず自分に逆らわない美しさ。

✔︎オーガニックとは…有機であること。有機栽培。農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・微生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさす。

オーガニックとは?――と尋ねられたとき、あなたはどのように答えるでしょう?

「化学農薬を使わない」「とにかく土づくり」といった生産方法にこだわる意見、あるいは「温暖化を食い止める」「自然の生き物を大切にする」というエコロジー的発想、はたまた「健康に良さそう」「付加価値がありそう」といったメリット重視型の声もありそうです。

IFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として以下の事を定めています。

①環境の保全
化学薬品や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守り、地球環境保全に努める。

②健康な生活
保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保します。また、化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指します。添加物を低減することにより人体の健康面にも多大な好影響を及ぼす。

③自然との共生
自然の動植物を守り、生物多様性を保全する。

etc…オーガニックの考え方やナチュラルビューティーの考え方はとても近い物のように思います。

◎地球も人も同じ◎

地球にとって無農薬や自然の恵みを生かした考え方が良いのであれば、それは人にとっても同じではないでしょうか?

人間に対しても無害であり、その人の魅力を生かしながら、より自然の物を使いながら綺麗になっていくこと…

それこそオーガニックな考え方であり、ナチュラルビューティーに近づけるのではないかと私自身は考えます。

そのような想いがどんどん強くなり、ナチュラルな物でその人のナチュラルビューティーを引き出せないか?を模索し、そしてオーガニックサロンをオープンさせたのです。

そして、オーガニック志向と切っても切り離せないのが、次にあげる『経皮毒』です。

経皮毒という言葉を知っている方はどのくらいいるのでしょうか?

またまだメジャーな言葉ではないと私自身感じています。

この『経皮毒』は当サロンTriangle hair&organicのコンセプトにもなっています。

少し経皮毒についてお勉強してみましょう

✔︎経皮毒とは…日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること。

説明リンクです。ご覧になってみて下さい。

 

私は美しくなるために『健やかさ』を犠牲にすることが、どうしてもおかしいと思っていました。

どうにか健康を害することなくナチュラルビューティーを提供できないか!?

そのような経緯からオーガニック薬剤やオーガニックヘナを探し求め、勉強し、2017年茅ヶ崎にオーガニックサロンをオープンしました。

 

女性の『美』への飽くなき探求心は、いつの時代も色褪せることはありません。いくつになっても女性は美しく、そして若々しくありたいのです。

真の美しさを健やかな薬剤で実現し、最終的に若々しく変身させていく。

それこそ美容師として一番やりがいのある仕事だと私自身感じております!!

 

最近では食をはじめ、オーガニックがとても注目を浴びてきています。食だけではなく、コスメや日用品、生きていく考え方や思考、概念などにもオーガニックが広がりはじめています。

まだ美容室ではオーガニックが浸透していないのが正直なところですが…

これからそのような考え方の美容師さん、美容室が少しずつでもいいので広がり、普及していけばいいなと思っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL