Triangleがオーガニックに魅せられた理由

Triangleがオーガニックに魅せられた理由

今日は改めてTriangleがオーガニックに魅せられた理由についてお話していきたいと思います。

もともと私の家族は5人中4人が美容師をしている美容師一家でした。

親の代から続いている普通の町の美容院だったのですが、姉が継いでから一転『オーガニックサロン』へと舵を切っていきました。

というのも、姉はその頃、子宮内膜症という婦人病を患っていました。

そういった中で少しでも働いている美容師にも、そしてお客様にも負担の少ない薬剤はないかを模索するようになりました。

そこで行き着いた先が極力、化学物質を使わないようにしたオーガニックサロンの経営でした。

そんなオーガニックサロンへと変貌を遂げた実家のサロンは、県外からもたくさんのお客様が訪れる人気店となっていったのです。

その当時、私は超大型店に勤めており、毎日忙しい日々を送っていました。

いつかは独立したいと思っていましたが、なかなか自分のビジョンが見つからず悩んでもいました。

そんな中、姉のオーガニックサロンの話を聞くうちに

『これからはしっかりとしたコンセプトを持ったコンテンツ重視型サロンがお客様に求められるのでは?』と思うようになり、オーガニックについて勉強を始めるようになりました。

私が茅ヶ崎東海岸にお店をオープンしたのは2017年12月のことです。

店名はTriangle hair&organic(トライアングルヘアー&オーガニック)、姉と同じ志を持ったオーガニックサロンです。

オーガニックの勉強をしていく中で、美容業界で使われている薬剤がどれだけ刺激の強い劇薬であるのかを目の当たりにするようになりました。

もちろん、大手で働いていたときも知ってはいたのですが、『経皮毒』についてしっかりと勉強をし始めたのはオープン直前の頃でした。

数少ない文献を隅々まで読み込み、ネットなどからもできる限りの情報を仕入れ、勉強を進めていきました。

少し話がそれてしまいましたが、とにかく姉のサロンからインスピレーションを受けた私はオーガニックについて勉強を深めていったのです。

その中で、以下の4つのことが浮き彫りとなってきました。

1 美容院で扱われている薬剤が刺激の強い劇薬ということ

2 劇薬であるという事実をお客様はもとより美容師自身も知らないということ

3 世間では経皮毒という言葉が浸透していないということ

4 オーガニックという言葉が世の中に流通しているものの、ほとんど人がその本当の意味を知らないということ

そして、「これらの本質を世の中に広めていきたい!」と強く思うようになりました。

本来であれば、人間は自然の一部として自然の中で生きているはずです。

自然の中でシンプルに生きるべきだったのです。

ただ、世の中が変わっていき、便利さや手軽さ、時短といったものを求めるあまり物が溢れ過ぎてしまいました。

物が溢れると物の本質を見失いがちになってしまいます。

美しさを求めるあまり現代人は、逆に遠回りをするようになりました。

いろいろな考え方のもと、いろいろな方法を試し、いろいろな薬剤を使うようになったのです。

シンプルに安心・安全な薬剤で美しくなることを現代人は忘れてしまったのです。

Triangleでは1番にお水を大事にしています。

なぜかというと、地球も人間もお水なしでは生きていけないからです。

そして、地球も人間もほとんどが水で形成されているからです。

そこで生まれたメソッドが【レスケミカル】や【オーガニックウォーターカラー】といったものです。

美しくなるためとはいえ、安心・安全を犠牲にしてはいけません。

「安心・安全な薬剤やメソッドで人は綺麗になれる!」ということを改めて証明し、伝えていきたいと思っています。

Triangleオリジナルメソッドである【美髪コーチング】もその考えの延長線上にあります。※美髪コーチングは商標登録済み

美髪コーチングというのは、安心・安全な薬剤、メソッドで私がコーチとなり、お客様の大切な髪の毛を美髪に導いていくものです。

そこで大事な考え方がレスケミカルであり、大事なメソッドがオーガニックウォーターカラーなのです。

これからもTriangleはお客様の安心・安全に寄り添い、地球環境にも優しいオーガニックメソッドで世の人々に健やかなる美しさを提供し、若々しくいられるお手伝いをしていきたいと考えています。

Triangleの由来は『健やかさ・美しさ・若々しさ』です。

この三角形は隣同士が繋がり存在しないとあり得ないのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL